ROの変な人

ラグナロクの変な人の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手紙

自殺したらごめんネ・・・

これ・・・ひどすぎませんか?

---------------------------------------------------------------------------

初恋の人からあつしさんへお手紙が届きました。

---------------------------------------------------------------------------

あつし、元気にしてる?
今でも彼女ができるたびに手鏡でスカートの中を覗いていますか?直接見るのでは満足できないあつしをなつかしく思います。

束縛の激しいあつしが重苦しくて、私が「もっと余裕がある人がいい」と宣告してお別れすることになったあの日から、もう7年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、あのころは二人とも子供っぽかったなぁという印象があります。あつしは「ミニスカートは他の男の前ではダメ」とか言うし、子供っぽい私もそれに対抗して、黙って他の男を誘惑していたのを覚えています(浮気したか?んー、それはかわいそうだから内緒)。私は重苦しいあつしを避けるようになっていたけど、もう少し他に方法がなかったものかと反省しています。

そういえばあつしにとっては私が初恋の相手なんですよね?だからか、あつしは最初のころ、とてもかわいかった印象があります。確か手をつなぐのでさえ「なんかごめんね。ごめんね」なんて言っていたから、少し気持ち悪いけど、緊張しているんだなぁと思ったものです。

付き合ったばかりのラブラブだったころ、あつしはいつも「おれと一生一緒にいてくれ」なんて言ってくれましたよね。もちろんそのときは引いたけど、嬉しい気持ちがあったのも覚えています。今思うと、まるで嘘だったわけですが。

総括するなら、あつしと付き合えたことは、とても感謝しています。特にあつしとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はあつしが大好きでした。これからもあつしらしさを大切に、あと当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. よく「おれは爪の白い部分が広い!」って見せ付けてきましたよね。どうでもいいけど…。

閣下のサイトから拾ってきたものを勝手に拝借した
[ 2009/03/13 03:54 ] RO | TB(0) | CM(3)
ミジンコへ
これは自分自身でも吹いたわw

ヒサシへ
パントマイムってチョイスに脱帽やよなw
[ 2009/03/16 06:05 ] [ 編集 ]
声だしてワロタwwwww


当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)
[ 2009/03/15 15:49 ] [ 編集 ]
ショッパなで盛大にフイタw

あ、やべ、早く家でないと!!
[ 2009/03/13 09:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

プロフィール

アツシ(スヌスムムリク)

Author:アツシ(スヌスムムリク)
元Fenrir現Radgrid鯖の変人です
修羅
ルーンナイト
ミンストレス
アークビショップ
シャドウチェイサー
で遊んでます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。